haikei

【軽量!2018】 ブロンプトン

gazou6 ブロンプトン(BROMPTON)-ロードバイク評判

⇒【ブロンプトン】辛口評判/インプレ【レビュー59件】

⇒【ブロンプトン】現役ロードレーサー徹底インプレ【レビュー94件】

⇒【ブロンプトン】中古バイクの評判【レビュー23件】

ブロンプトン(BROMPTON)は、折りたたみサイズのコンパクト性と、安定感のある走行性能を折りたたみバイクの王者とも言われる英国ブランドです。

折りたたんだ時の持ち運びやすさや収まりの良さも秀逸で、あのモールトン博士をして「折りたたみ自転車ではブロンプトンに敵わない」と言わしめた一品です。

ロンドンをはじめヨーロッパで高い人気を誇るフォールディングバイク、ブロンプトン。
あらゆるシーンに対応する合理性と、カジュアルからスーツまでどんなスタイルにも合う機能美を兼ね備えたスタイリッシュな自転車です。
その魅力をさぐりに、ブロンプトンの工房へ赴きました。

オフィスに到着すると、社長のバトラーアダムス氏が人なつこい笑顔で迎えてくれました。

堅苦しい挨拶などする暇もなく、まずは外に出ましょうと彼はコンパクトに折りたたまれたブロンプトンを片手で軽々と持ち上げ、外に出るとゆっくりと、無駄のない動きで自転車を広げてみせてくれました。その間、数十秒。 外見からは想像できなかったが、実際に乗ってみると意外に安定感があります。

フォールディングバイクという事を全く感じさせない、自然な乗り心地です。スピードも出ます。
しかしプロンプトンはただ道路を早く走るために作られた自転車ではありません。

スーツとネクタイ着用が義務付けられているブロンプトンのレースがそれを象徴しています。
ブロンプトンはスタイルを持って移動を楽しむためのものであり、生活を彩る道具です。

基本のモデルは一定に保たれているが、自分らしさを取り入れることが出来るのがボディーの色の豊富さ。これなら女性も楽しめそうです。

しかし折りたたんでの移動は女性にとって負担になりそうだが─ 「女性のために軽いチタン製も生産していますよ。それにこうして途中まで折りたためば、荷物を載せてカート代わりにもなるんです」。

ロンドンではラッシュアワーに自転車を電車に持ち込むことが禁止されているが、ブロンプトンは例外です。

折りたたむとコンパクトな箱型になり自立するので普通の荷物と同様、どこにでも持ち込めます。
オフィスに駐輪場がなくてもデスクの下に入るし、エレガントに折りたたまれたプロンプトンを従えてレストランの席に着けば、注目の的になるのも魅力の一つに違いありません。

ブロンプトンは約1200のパーツが組み合わさって作られています。
すべて自社工場内の120人の職人の手で一貫生産しています。

伝統のスタイルを守りつつ、毎年品質アップを図るため小さなマイナーチェンジを行っているといいます。
要である自転車のフレームは、一ミリの小さなゆがみであっても、折りたたまれた車体を広げることで倍増していくため、製造過程ではどんな小さなゆがみも許されません。

自転車のボディーには担当したスタッフのイニシャルが刻印されており、すべてのブロンプトンは誰と誰の手によって製造されたのか、社長自らひと目でわかるといいます。

テクニカル・ダイレクターのブロンプトン創始者アンドリューリッチー氏も自社製品を愛用していると聞いたが、よく見ると彼の自転車には品質の証であるブロンプトンのロゴがついていません。

不思議に思って本人に訊ねると「このロゴがあるとすぐ盗まれちゃうから自分でロゴを消したのさ」。屈託のない笑顔で打ち明けてくれました。

世界中の多くの都市が抱えるスペース難の問題について、バトラーアダムス氏はこう語ります。
「ブロンプトンなら一台の車が駐車できるスペースに40台駐車できるんです」。

そんな発想から生まれたユニークな企画がスタートしました。
ブロンプトンの自転車40台を専用ロッカーに入れて携帯電話で24時間自動レンタルするというものです。

ロッカーの天井部にソーラーパネルを取りつけたエコ仕様です。
「ボリスバイクは話題になっていますが、問題点も多いと思います。まず郊外にはステーションがありませんし、圏外へは出ることができず不便です。実のところ、公共交通機関網が発達している市中心部の自転車人口はこれ以上伸びないと推測されていまして、ポテンシャルは郊外にこそあるのです。また、ボリスバイクは一日通しで借りると50ポンドと高額ですし、盗難の心配もあります」。

そうして考案されたのが前述のブロンプトンが入ったレンタル・ロッカーです。
レンタル料は一日たったの2ポンド。ボリスバイクの25分の1です。

最大3ヶ月まで連続でレンタルでき、利用圏という概念はありません。
自宅に持ち帰ってもよいという世界に類をみない革新的なレンタサイクルです。

「このアイデアの背景には、ブロンプトンの魅力を実体験してもらいたいという思いが大前提としてあります。またタイアップしている私鉄のイメージカラーをボディーにペイントして企業のイメージアップも図ります」。

環境保全に貢献しつつ、ビジネス戦略も忘れてはいません。
1988年の創業以来、長年の伝統とスタイルを守りつつ、時代とともに飛躍を遂げてきたプロンプトン。世界16カ国で愛され、ロンドンだけでも約6万5千人ものブロンプトン愛用者がいるといいます。

利便性、機動性、機能美。すべてにおいて優秀なブロンプトンは、これからも世界中でそのファンを増やしつつ、地球の環境保全に貢献していくことでしょう。

現在のプロンプトンはロンドンにある自社工場ですべて生産されています。
すべては1975年にアンドリュー・リッチーがスケッチを描くことから始まりまりました。約1200あるパーツのうち、約80%が専用設計されています。
どこでも走れて、どこにでも運べる。これがブロンプトンのモットーとなっています。

ブロンプトンの折りたたみバイクは都市部や長距離通勤通学者のために、エンジニアのアンドリュー・リッチーが1980年代初期に自分の故郷のロンドンでデザインと製造を行ないました。

この目的を明確にするかのように、ブロンプトンのバイクは、鉄道と高速道路の間にある工場で製造され続けています。

このバイクの成功の秘密は、頑丈で高剛性のフレームと、折りたたむ際の扱しやすさにあります。

最初に後輪、前輪、ペタル、ハンドルの順で折りたたみます。
次にシートポストの固定を解除して中に押し込んでから、立方体の形状になるようにまとめ、クリンチャーでロックするだけです。

折りたたんだブロンプトンはサドルの部分を掴んで持ち運べ、車のトランクや電車に持ち込めます。
ただし飛行機に搭乗するときの客室の手荷物としてよ大きすぎるでしょう。

プロンプトンは1200点もの専用パーツがハンドメイドされており、既製品のコンポーネントはネジやスターメーアーチャーの内装ギア(3速)、もしくはスラムの内装ギア(5速)、チェーンなど、その数が限られています。

また、外装のディレイラーを追加することで6速化も可能です。

バイクはロウ付けされたスチール製で、ショッキングピンクからシンプルなブラックかホワイトまでの複数のカラーリングがパウダーコート仕様で用意されています。

チタン製パーツを採用した場合は、ほとんどのブロンプトンのモデルの平均重量である12.7kgが、シングルスピード泥除けナシ・チタンとスチール製フレームのS1-EXの重量の9.07kgにまで軽量化が図れています。

また、ブロンプトンは自転車用バッグも製造しています。
スパイン製のスタイリッシュな本革アタッシュケース型メッセンジャーバッグが、英国の折り畳み自転車メーカーのブロンプトンから登場しました。

デザインは会議室にもフィットします。A Bagの内部は、ファイルやフィルター、ノートパソコン用のスペースが魅力的なフェルト製の中仕切りで区切られています。この素材はパッド付きショルダーストラップにも使われています。

明るい色の防水カバーは雨天走行中の視認性も高いです。カバン装着用のキャリアフレームは別売りとなっています。

24リットルもの大容量を誇るFolding Basketは、英国の自転車メーカーのブロンプトンが販売するシンプルなナイロン生地のカゴです。

開口部が広く、巨大なファイルやフォルダーのような形状をしています。
このため食料品や軽量な雑貨品を運ぶのにはとても便利です。

この箱型のカゴにはヒンジ付きの筋交いフレームが入っており、保管時には平らに折り畳むこともできます。
排水用の穴もあるため、内部が濡れたときの水抜きも簡単です。

ブロンプトン(BROMPTON)は、高い機能性とファッション性により、世界中のファンを魅了しています。

===【人気モデルの評判 】====

S2Lは、日本のブロンプトンラインナップ中最軽量を誇るスポーツモデルです。ストレートハンドルにより、適度な前傾姿勢を取ることができ、体の筋肉を効率的に使うことができます。
M3Lは、最もブロンプトンらしい、といわれるM型ハンドルを搭載したベーシックモデルです。アップライトなポジションで、快適なライディングを楽しむことができます。
P6R-Xは、フロントフォークとリヤフレーム、シートポストなどにチタンを採用し、外装2段+内装3段の変速機を組み合わせたツーリングモデルです。マルチポジションが取れるハンドルやダイナモ式ライト、キャスター付きキャリヤなど至れり尽くせりの装備です。
S2L-Xは、メーンフレームはクロモリですが、フロントフォークやリヤフレーム、シートボストにチタンを用いた軽量モデルです。変速機は外装2段のみです。ハンドルもアップハンドルではなく、ポジションが低いT字形を採用しています。
M3Rは、折りたたむととてもコンパクトになるブロンプトンに、リヤキャリヤを標準装備していまうs。このキャリヤにキャスターがついているので、リヤだけを折りたたんだ状態で、ハンドルをつかんで移動することができる優れものです。
M6Lは、トコトコと走るイメージのあるブロンプトンですが、6段変速によって幅広いギヤ比を得たのがこのモデルです。内装3段と外装2段の組み合わせという変わった構成ですが、M3Lと比べて重量的なハンディはほとんどありません。
M3Lは、変わらぬスタイルが人気のブロンプトンにおけるベーシックモデルです。スターメーアーチャー製の内装3段変速はシフトレバーも含めていかにも古典的ですが、街中での実用性は十分です。ブロンプトンのイラストをあしらったサドルがかわいらしいです。
  
このブランドは、上記以外も魅力的なモデルを沢山製造しています。カタログでは分からない実際に購入したユーザのクチコミ評判やインプレ、生の声は以下をご覧ください。

gazou6 最新2018 ロードバイク評判/インプレ掲載中
 
 

⇒ ちょっと訳あり?自転車はこちら...。


mark ロードバイク評判/インプレ

ロードバイクをネットで買う裏ワザ
ジロ・デ・イタリアとは?

【ア】
アーバン・アロー(Urban Arrow)
アイデンティティ(IDENTITI)
アイビス(IBIS)
アイム(IM)

アイアンホース(IRON HORSE)
アウディ(Audi)
アウトウェット(OUTWET)
アサヒ(ASAHI)
アストリックス スポーツ(ASTRIX SPORTS)
アタラ(ATARA)
アトムラブ(ATOMLAB)
アビオス(ABIOS)
アビチ(ABICHI)
アベニュー(AVENUE)
アマンダ(AMANDA)
アラヤ(ARAYA)
アラン(ALAN)
アラン(ARUN)
アルゴン18(ARGON18)
アルファロメオ(ALFAROMEO)
アレックス モールトン
(ALEX MOULTON)

アメリカンイーグル
(AショックMERICAN EAGLE)

アンオーソライズド(UN AUTHORIZED)
アンカライト(ANCHORITE)
アンカー(ANCHOR)
【イ】
イーエスアール マグネシア
(ESR MAGNESIA)

イービーエス(EBS)
イービル(EVIL)
イエティサイクル(YETI CYCLES)
インジストバイシクルズ(INZIST BICYCLES)
インターマックススポーツ(INTERMAX SPORTS)
インテンス(INTENSE)
【ウ】
ヴァクセン(WACHSEN)
ヴァンニコラス(Van Nicholas)
ヴァンムーフ(VANMOOF)
ヴィヴォ(VIVO)
ヴィットリア(Vittoria)
ウィリエール(WILIER)
ヴェラムサイクル(VELLUM CYCLES)
ヴェロミシュラン
(VELO MICHELIN

ヴォラージ(VOLAGI)
ヴォリュームバイク(VOLUME BIKE)
ウンベルト・デイ(Umberto Dei)
【エ】
エー・エヌ・デザイン・ワークス(A.N.DESIGN WORKS)
エアニマル(AIRNIMAL)
エイスインチ(EIGHTHINCH)
エイハーン・バイセクルズ(Ahearne Bicycles)
エヴァディオ(AVEDIO)
エコー(ECHOR)
SEバイクス(SE-BIKES)
エディメルクス(EDDY MERCKX)
エヌエスバイクス(NS BIKES)
エネチクロ(ENE CICLO)
エミネンザ(EMINENZA)
エム・アイ・ティー(MIT)
エムエスシー(MSC)
エムビーケー(MBK)
エリート(ELITE)
エリアン・サイクルズ(Elian Cycles)
エルスワース(ELLSWORTH)
エンペラー(EMPEROR)
エンメアッカ(EMME AKKA)
【オ】
オーサー(AUTHOR)
オーパス(OPUS)
オーヤマ(OYAMA)
オールシティ(ALL-CITY)
オッソ(OSSO)
オペララグジュアリー(OPERA LUXURY)
オリバイクス(ORI BIKES)
オルディナ(ORDINA)
オルベア(ORBEA)
オンワン(ON ONE)
【カ】
ガエルネ(GAERNE)
カザーティ(CASATI)
カスク(KASK)
カステリ(CASTELLI)
ガゼル(GAZELLE)
カタヤマ(KATAYAMA)
カラミータ(CALAMITA)
カルフィーデザイン(CALFEE DESIGN)
カレラ(CARRERA)
ガンウェル(GANWELL)
カンピオーネ(CAMPIONE)
【キ】
キクロス(KYKLOS)
ギザロ(GHISALLO)
キャデラック(CADILLAC)
キャニオン(CANYON)
キャノンデール(CANNONDALE)
キャリーミー(CARRYME)
キューブ(Cube)
九蔵(KYUZO)
キレモース(kildemoes)
キンフォーク(KINFOLK)
【ク】
クーパーバイクス(COOPERBIKES)
クインタナルー(QUINTANA ROO)
グエルチョッティ(GUERCIOTTI)
クオータ(KUOTA)
クライン(KLEIN)
グラファイトデザイン(GRAFHITE DESIGN)
クラフトワークス(CRAFTWORKS)
グランジ(GRUNGE)
グランディール(GRANDIR)
グランボア(GRAND BOIS)
クリーンスピード(CLEANSPEED)
クリエイトバイクス(CREATE BIKES)
グレース(Grace)
クレイジーシープ(CRAZY-SHEEP)
クレセント(Crescent)
グローブ(GLOBE)
クロニック・デライト(CHRONIC DELIGHT)
クワハラ(KUWAHARA)
【ケ】
ケーツー(K2)
ケイ・エイチ・エス(KHS)
ゲイリー・ガレゴ(Gary Galego)
ゲイリーフィッシャー(GARY FISHER)
ケストレル(KESTREL)
ケルビム(CHERUBIM)
【コ
コーダーブルーム(KHODAABLOOM)
コーフー(KOOFU)
コーフー(KOOWHO)
コーブバイクス(COVE BIKES)
コールマン(COLEMAN)
コガ(KOGA)
コックス(KOXX)
コット(KOT)
コナ(KONA)
コバ(KOBA)
コペンハーゲン パーツ(Copenhagen Parts)
ゴミイタリア(GOMMITALIA)
コメンサル(COMMENCAL)
コラテック(CORRATEC)
コリマ(CORIMA)
コルサ(CORSA)
コルナゴ(COLNAGO)
コロンバス(COLUMBUS)
【サ
サーベロ(CERVELO)
サーリー(SURLY)
サイクルエコ(CycleEco)
サイクルシック(CYCLECHIC)
サイクルスポット(CYCLE-SPOT)
サイクルワールド(CYCLE WORLD)
サイマ(cyma)
サブ(saB)
サルサ(SALSA)
サンタクルズ(SANTA CRUZ)
サンティーニ(Santini)
【シ
ジー(G)
ジーアールキュー(GRQ)
シーケーティー(CKT)
シーコン(SCiCON)
ジーティー(GT)
ジーピー デザインパートナーズ(GP Design Pertners)
シーポ(CEEPO)
ジェイミス(JAMIS)
ジオス(GIOS)
ジオバンナバイクス(GIOVANNA BIKES)
ジタン(GITANE)
シディ(SIDI)
シファック(CYFAC)
シボレー(CHEVROLET)
シマノ(SIMANO)
ジャイアント(GIANT)
ジャンゴ(JANGO)
シュウィン(SCHWINN)
ジョーイ・ルイター(Joey Ruiter)
ジョルダーナ(GIORDANA)
ジラフ(GIRAFFE)
シルカ(SILCA)
シルク(SILK)
シルバ(SILVA)
シルバーバック・テクノロジーズ(Silverback Technologies)
シンデルハウアー・バイクス(Schindelhauer Bikes)
【ス】
スーパークロス ビーエムエックス(SUPERCROSS BMX)
スイスバイク(SWISS BIKE)
スカピン(SCAPiN)
スコット(SCOTT)
スタッツバイシクル(STAATS BICYCLES)
ズッロ(ZULLO)
スティーブンス(Stevens)
ステラ・アズーラ(STELLA AZZURRA)
ストーク(STORCK)
ストライダ(STRIDA)
スパンク(SPANK)
スポーツフル(sportful)
スペシャライズド(SPECIALIZED)
スリングショット(Slingshot)
【セ】
セブン(SEVEN)
セブンアローズ(SEVENARROWS)
セブンサイクルズ(SEVEN CYCLES)
セラ・イタリア(selle ITALIA)
セラ・SMP(SELLE SMP)
セラ・サンマルコ(SELLE san marco)
セラ・バッサーノ(SELLE BASSANO)
セラフ(SERAPH)
セルコフ(SELCOF)
セレブ(Selev)
ゼロアールエイチプラス(zerorh+)
センチュリオン(CENTURION)
【ソ】
ソーマファブリケーションズ(SOMA FABRICATIONS)
ソグリーニ(Sogreni)
ソメク(SOMEC)
【タ】
ターナー(TURNER)
ターン(TERN)
タイタスサイクルズ(TITUS CYCLES)
タイム(TIME)
タイレル(TYRELL)
ダイアルドバイクス(DIALLED BIKES)
ダッコルディ(DACCORDI)
ダブルアール コンポジッティ(WR COMPOSITI)
ダボス(DAVOS)
ダホン(DAHON)
タン(TANDG)
タンゲ(TANGE)
【チ】
チ・クワトロ(C4)
チェイン(CHAIN)
チタニア(TITANIA)
チネリ(CINELLI)
チポリーニ(CIPOLLINI)
チャージ(CHARGE)
チャンバワンバ(CHUMBA WUMBA)
チャン・ヒョクチェ(Hyuk-Jae Chang)
チロ(CILO)
【ツ】
ツーステージ(2 STAGE)
ツバグラ(TUBAGRA)
ツリーハガー(TreeHugger)
【テ】
ディーエムアール(DMR)
ディーエムティー(DMT)
ティーエヌアイ(TNI)
ディーシステム(D-SYSTEM)
ディービーゼロ(DB0)
ディーン(DEAN)
ティエルト・フェーンホーフェン(Tjeerd Veenhoven)
ディテック(DITEC)
ディブラッシ(DI BLASI)
デイマック(Daymak)
テシュナー(TESCHNER)
テスタッチ(TESTACH)
デダエレメンティ(DEDA ELEMENTI)
デダチャイ ストラーダ(DEDACCIAI STRADA)
テックイン(TECH IN)
デマルキ(DEMARCHI)
デモーショ(DEMONCHAUX)
デローザ(DE ROSA)
【ト】
トーキョーバイク(TOKYOBIKE)
トゥエンティフォー バイシクルズ(24 BICYCLES)
ドゥカティ(DUCATI)
ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)
トニックファブリケーション(TONIC FABRICATION)
ドバッツ(DOBBAT'S)
トマジーニ(TOMMASINI)
トマックマウンテンバイクス(TOMAC MOUNTAIN BIKES)
トライゴン(TRIGON)
トランジションバイクス(TRANSITION BIKES)
トレック(TREK)
トンプソン(THOMPSON)
【ナ】
ナイナー(NINER)
ナイフ&ソー(Knife & Saw)
ナカガワ(NAKAGAWA)
【ニ】
ニールプライド(NEILPRYDE)
ニコライ(NICOLAI)
ニューバランス(NEWBALANCE)
【ネ】
ネーヴィ(NEVI)
ネスト(NESTO)
【ノ】
ノースウェーブ(NORTHWAVE)
ノルコ(NORCO)
【ハ
パーケ(PAKE)
ハープ(HARP)
パーリー(PARLEE)
バーンツ(Bernds)
バイオメガ(BIOMEGA)
バイオメガ×プーマバイク(BIOMEGA × PUMA BIKE)
パシフィックサイクルズ(PACIFIC CYCLES)
バジル(Basil)
バズーカ(BAZOOKA TRIAL)
バッソ(BASSO)
パッソーニ(PASSONI)
バッチ(BATCH)
パドゥアーノ(PADUANO)
パナソニック(PANASONIC)
バニラ(Vanilla)
バノット×ストラトス(BANOT×STRATOS)
パブリック(Public)
ハマー(HUMMER)
パレンティーニ(PARENTINI)
ハローバイクス(HARO BIKES)
パンゲア(PANGEA)
バンシー(BANSHEE)
【ヒ】
ビ-アント(B-ANT)
ビーエイチ(BH)
ビーエスエー(BSA)
ビーエムシー(BMC)
ビーエムダブリュー(BMW)
ビーオール(BE-ALL)
ビーグロウ(B-GROW)
ビーディーワン(BD-1)
ビービーボロー(BB BORO)
ピーゼットレイシング(PZ RACING)
ビアンキ(BIANCHI)
ビゴーレ(VIGORE)
ピナレロ(PINARELLO)
【フ】
ブートレッグ(BOOTLEG)
ブードゥー(VOODOO)
プーマ(Puma)
ファーニア(FARNEAR)
ファイブリンクス(5LINKS)
ファウスト コッピ(FAUSTO COPPI)
ファリス・エルマス(Faris Elmasu)
フィアット(FIAT)
フィジーク(fi'zi:k)
フィリシ(FIRECI)
フェアデール(FAIRDALE)
フェラーリ(FERRARI)
フェルト(FELT)
フォーイング(4ING)
フォーカス(FOCUS)
フォーズ(FOES)
フォンドリエスト(FONDRIEST)
フジ(FUJI)
プジョー(PEUGIOT)
プフ(Puch)
ブライ・コンセプト&デザイン(Bleijh Concept & Design)
ブライドラー(BRIDLER)
ブラックキャットバイシクルズ(BLACKCAT BICYCLES)
ブラックマーケット(BLKMRKT)
プラネットエックス(PLANET X)
ブリーザー(Breezer)
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
ブリヂストンモールトン(BRIDGESTONE MOULTON)
ブルーコンペティションサイクルズ(BLUE COMPETITION CYCLES)
ブルーノ(BRUNO)
フルクラム(FULCRUM)
ブレス(BLESS)
フロウ(FROW)
プログレッシブ(PROGRESSIVE)
プロジェクトエム(PROJECT M)
フロスト・プロダクト(Frost Produkt)
ブロディ(BRODIE)
プロロゴ(PROLOGO)
ブロンプトン(BROMPTON)
フンリキ(FUNRIKI)
【ヘ】
ペコ(PECO)
ペゴレッティ(PEGORETTI)
ベッラ・チャオ(bella-ciao)
ペリッツォーリ(PELIZZOLI)
ヘルムズ(HELMS)
ペロトン(PELOTON)
ベロビス(Velorbis)
ベロフレックス(VELOFLEX)
ベンタナ(VENTANA)
ペンナローラ(PENNAROLA)
【ホ】
ボードマン(Boardman)
ボーマ(BOMA)
ポイントツーフォースリーレーシング(.243 RACING)
ボッテキア(BOTTECCHIA)
ボネノワール(BONNET NOIR)
ボビン バイシクルズ(BOBINN BICYCLES)
ポルシェバイクス(PORSCHE BIKES)
ボルディ・コレクション(VOLDY・COLLECTION)
【マ】
マーベリック(MAVERICK)
マーリン(MERLIN)
マイパラス(MAIPARAS)
マクマホン(MACMAHONE)
マジィ(MASI)
マリーン(MARIN)
マルイシ(MARUISI 丸石)
マングース(MONGOOSE)
マンハッタンバイク(MANHATTAN BIKE)
【ミ】
ミヤタ(MIYATA)
ミューラー(MULLER)
ミラーニ(MILANI)
【ム】
ムーツ(MOOTS)
ムセウ(MUSEEUW)
ムラーカ(MURACA)
【メ】
メット(MET)
メリダ(MERIDA)
メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)
【モ】
モーメンタム(momentum)
モールトンバイシクルズ(MOULTON BICYCLES)

モバイキー(MOBIKY)
モンキー(MONKEY)
モンタギュー(montague)
モンタナ(MONTANA)
モンティ(MONTY)
【ヤ】
ヤー(YEAH)
ヤーバー(YaaBaa)
ヤマハ(YAMAHA)
【ユ】
ユナイテッド スポーツ ポスタル サービス(USPS)
ユニテ(UNITE)
【ラ
ライトウェイ(RITEWAY)
ライトサイクル(LIGHT CYCLE)
ライトスピード(LITE SPEED)
ライナス(LINUS)
ラス(LAS)
ラバネロ(RAVANELLO)
ラピエール(LAPIERRE)
ラプション(RUPTION)
ラルフ・キットマン(Ralf Kittmann)
ラレー(RAREIGH)
ランドローバー(LANDROVER)
ランボルギーニ(LAMBORGHINI)
【リ】
リーズアンドミューラー(R&M)
リーフサイクルズ(LEAF CYCLES)
リーベンデール(RIVENDELL)
リッチー(RITCHEY)
リドレー(RIDLEY)
リビドーバイクカンパニー(LIBIDO BIKE CO.)
リブ/ジャイアント(LIV/GIANT)
リボルブ(REVOLVE)
リンスキー(LYNSKEY)
【ル】
ルイガノ(LOUISGARNEAU) 
ルック(LOOK)
ルディ プロジェクト(RUDY PROJECT)
ルノー(RENAULT)
【レ】
レイチェル(RAYCHELL)
レトロベロ(Retrovelo)
レベルバイクス(REVELL BIKES)
【ロ】
ローバー(ROVER)
ロイヤル・ダッチ・ガゼル(Royal Dutch Gazelle)
ロイヤルノートン(ROYAL NORTON)
ロウランド(RAWLAND)
ロッキーマウンテン(ROCKY MOUNTAIN)
【ワ】
ワイカ・ファン・ツー・トップ(WAICA FUN 2 TOP)
ワイバーン(WYVERN)
ワンエイティディグリー(180DEGREE)