haikei

【試乗!2018】ロードバイク評判/インプレ

gazou6 インターマックススポーツ(INTERMAX SPORTS)-ロードバイク評判

⇒【試乗!2018】バイク辛口評判/インプレ【レビュー251件】

⇒【試乗!2018】現役ロードレーサー徹底インプレ【レビュー97件】

⇒【掘出し!】中古バイクの評判【レビュー85件】

インターマックススポーツ(INTERMAX SPORTS)は、近代ツールにおいて、日本人として初めてツール・ド・フランスに出場した今中大介氏。彼が興した、ブランドだ。

96年ツール、5連覇をかけたM ・インドゥラインが敗れた歴史的大会に参加した今中氏。プロとなり3年目の快挙であったが、日本からやってきたサムライという物珍しさ的見方ではなく、レースで仕事ができる一流チームに所属するプロ選手として選抜された。

国内ではシマノレーシングに所属、国体3連覇、ツール・ド・北海道3勝、全日本選手権以外のタイトルをほとんど総なめにした輝かしい成績を収めている。

1994年、満を持して渡欧。当時のイタリアのトップチーム、ポルティと契約する。ポルティはジャンニ・´フーニョ、リュック・ル、フラン、マウロ・ジャネッティといったトップ選手が所属したチームだった。

また、プロサイクリストとしてレースを参戦する中、プロトタイプや新型パーツのテスターとしても優れた才能を発揮した。
現在の製品ラインナップもこの才能が十三分に発揮されているはずだ。

97年、プロとしてまだ充分に戦える実力がありながらも勇退、翌年にインターマックスを立ち上げた。

イタリアで選手活動中に培った人脈をフルに活用し、チューブメーカーのデダチャイ社とは親密になり、技術提供を受けるまでの仲になった。

そして誕生したオリジナルバイク第1号がゼルトゲンボスだ。氏が出場した96年ツールのスタート地点と同じであるこの名を冠したのも、世界最高峰のレースに参戦したという自身の達成感、そして高いモチベーションとなるに相応しい名前だ。

当時のレーシングシーンには欠かせなかったアルミ素材の最高傑作デダチャイ・7003をメインフレームに、信頼性の高いクロモリフォークをアッセンブルしたピュアレーシングバイク。数々の死線をくぐり抜けてきた氏の思いを具現化した最初にして最高のバイクだ。

さらに視野を広げ、軽量アルミバイク・セストリエール、U2、カーボンバックのセルビーノなど、レース会場では必ず目にするというほど日本のレースシーンに浸透していった。

最近ではフルカーボンモデルやコンフォートモデルなど市場のニーズを敏感に察知したラインナップでユーザーを飽きさせない。

また、底辺拡大を狙ったスポーツサイクリングブランド"インターマックススポーツ"も設立。日常の脚として、週末のライドを楽しみ、スポーツとして自転車を認識してほしいというコンセプトで高い運動性能を維持したままコストパフォーマンスに優れた完成車ラインナップを展開している。

常に最先端、話題性にこと欠かない。イタリアにもっとも近いジャパニーズブランドだ。

===【人気モデルの評判 】====

アクア(AQUA)は、ロ―ドバイクのスピーディさと、クロスバイクのタフネスさを融合させた、"スピードクロス"モデルです。フラットバー装着を想定してホイールベースを長くし、安定性を向上させています。落ち着いたグラフィックも大きな魅力です。
セルビーノ(SELVINO CARBON)は、駆け出しの反応が早いので、豪快に加速したくなるフレーム剛性に仕上がっています。もちろん基本コンセプトはレース志向です。初期のモデルはトップチューブで優しさを演出していましたが、現在はフレーム全体の剛性バランスを最適化しています。踏み出しが軽く疲れにくいバイクに仕上がっています。ねじれ方が一様で弱い部分がない設計です。クィックな操作に対応するハンドリングです。でも上りや下りでソワソワすることがないのは剛性が確保されているからです。上り下り問わず得意です。つねにそんなシチュエーションでテストしながら作られています。どんなライダーに対応するように設計し、レース派のライダーに支えられたセルビーノのカーボンモデルとして、その役目を果たすように作られたバイクです。その開発があってこそですが、デザインから乗り心地まで不具合を一切感じないバイクです。剛性感は適度で、乗りやすいです。瞬間的な加速は、鋭く刺すように加速し、グイグイとパーツがきじむようなトルクを掛けても良く応え、いかなる走り方も許容します。オートクレーブながらフレーム重量1000g前後とかなり安全マージンを確保した作りで、それがスタビリテイに現れています。コーナリングもスパツと決まります。ほとんどのプロが満足できる性能です。
ウァルブレンボ(VALBREMBO)は、エアロチューブを多用し、筋肉質に見える外見そのままにストレートな走りができます。このボリュームは硬さではなく走りの質に表れていて自然で小気味よいライディングフィールにつながっています。ダウンチューブが目に付くがレスポンスに効くトップチューブの横への張りのある造形と、途中のしぼりが物語るように全体でほどよい剛性になっています。弱さがない設計でフォークと、下まわりの造りが特に効果的で走りの安心感と反応のよさを演出しています。テクニカルなコースを自然にこなせるハンドリングです。標準レベルよりも強さが出ますが、エアロチューブ多用のスピード系バイクとしては、軽い分だけコンフォートさもあります。どちらかと言うとパワフルなライダー向けですが、踏力にリニアなので上りも楽しめます。下りは得意分野です。選手になった気分で乗りたいバイクです。イタリアのプロチームがトレーニングコースとして使っていたヴァルブレンボの地名に由来するモデル名です。強弱がありそうな形状ですが、スピード系のライダーがどんな走りをしても対応するバランスの良さがあります。名称通りに山や谷を越える万能性能の持ち主です。たっふりとしたフレームの造形ですが、想像以上に軽く仕上がっています。そして剛性レベルは絶妙なバランスを保っており、軽快な運動性能です。ピーキーすぎず、安定感も高いのが特徴的です。
X-ライト(X-LIGHT)は、完成車販売になって、パーツアッセンブルを変更した3モデルが用意されています。アルテグラを装備して、30万円を下回るのは素晴らしいです。意外にインターマックスが求めている走りに対して反応が良いです。クリテリウムとかスプリント的な走りも良好です。いろんなモデルがインターマックスには登場しますが、Xライトを従来からラインナップに残っているモデルです。当初からの軽さというキーワードを守りつつ、お手頃な価格になっているのはうれしいです。いろいろな方が、ヒルクライムからロングライドイベントまで様々な乗り方をしています。カーボンバイクのエントリーバイクと言えばこのモデルです。イメージも定着してきました。走りの質もロードレースの魅力を知るのにびったりでしょう。ヒルクライマーを中心に人気を博した軽量カーボンモノコックフレームもリニューアルしました。振動吸収性を大幅に向上させコンフォート性能がアップしました。軽さを生かしたヒルクライムはもちろん、長時間のライディングも得意とするオールラウンドバイクヘと進化しました。
レイズ(RAYS)は、俊敏なハンドリング性能とライダーのパワーを無駄なく推進力として伝えるフレーム剛性を持つモデルです。操ることの楽しさを追求し、レースはもちろん通勤、通学やツーリングまで幅広くロードバイクの性能を満喫できるバイクです。武闘派インターマックスが入門用と位置づける完成車です。ライダーのパワーをムダなく推進力として伝える高剛性フルアルミフレームに、俊敏なハンドリング性能を持つカーボンフォークをセットしています。コンポはシマノ・ティアグラでレース入門に最適です。
■SPECIFICATION販売形態:完成車/カラー:ブランク レット、ホワイト、ブルー/サイズ:460、490、520mm/メーンコンポ:シマノ・ティアグラ/変速段数:2S×9S/重量:NA
スクアドライタリアは、世界トップレベルの運動性能を追求する人気モデルです。ダウンチューブを中心に大径化を進め、さらなる高性能フレームに進化しました。イタリアの職人によってハンドメイドされるフレームはコルサイタリア同様にオートクレーブによって最高の品質を確保しています。
コルサイタリア エボリューションは、安定感のある素直な特性はそのままにエアロチューブで優れた空力特性を獲得し、加速性能や高速巡航性能を向上させることに成功したインターマックスのニューモデルです。F1などで採用されている特殊なオートクレーブ工法で製作される最高品質のフレームは攻撃的な走りを最大の魅力としています。製造はもちろん、マスキングによる塗装まで一貫してイタリアで行なっています。 ド迫力のルックスはいかにも戦闘機的です。
セストリエールは、実戦派に人気のレーシングバイクです。セストリエールがインテグラルシートチューブを採用してフルモデルチェンジしました。新型セストリエールは前作のダイレクトな加速感を受け継ぎつつ、インテグラルシートチューブの剛性アップを加えることで動力性能が大幅に向上しています。快適性も高く、スプリントレースはもちろんのことグランフォンドやヒルクライムでもライダーの能力を100%引き出します。カラーリングもグッと華やかになりました。
コルサイタリアは、「このクオリティをこの価格で?」と自転車ファンを驚かせた人気モデルです。外圧と内圧を加えて成形するという特殊なオートクレーブ工法を用いてイタリアで製造されています。レース用の設計ながら振動吸収性を犠牲にしていない、秀逸な剛性バランスの持ち主です。
クアトロは、上級モデルに引けを取らない軽快な走行性能が魅力の完成車です。1090gの軽量カーボンフレームにシマノ・105をアッセンブルし、初めてロードバイクに乗るビギナーからレースを転戦するライダーまで、すべてのレベルで高性能を味わうことができます。

このブランドは、上記以外も魅力的なモデルを沢山製造しています。カタログでは分からない実際に購入したユーザのクチコミ評判やインプレ、生の声は以下をご覧ください。

gazou6 最新2018 ロードバイク評判/インプレ掲載中
 
 

⇒ ちょっと訳あり?自転車はこちら...。


mark ロードバイク評判/インプレ

ロードバイクをネットで買う裏ワザ
ジロ・デ・イタリアとは?

【ア】
アーバン・アロー(Urban Arrow)
アイデンティティ(IDENTITI)
アイビス(IBIS)
アイアンホース(IRON HORSE)
アウディ(Audi)
アウトウェット(OUTWET)
アサヒ(ASAHI)
アタラ(ATARA)
アビオス(ABIOS)
アビチ(ABICHI)
アベニュー(AVENUE)
アマンダ(AMANDA)
アラヤ(ARAYA)
アラン(ALAN)
アラン(ARUN)
アルゴン18(ARGON18)
アルファロメオ(ALFAROMEO)
アレックス モールトン
(ALEX MOULTON)

アメリカンイーグル
(AショックMERICAN EAGLE)

アンオーソライズド(UN AUTHORIZED)
アンカライト(ANCHORITE)
アンカー(ANCHOR)
【イ】
イーエスアール マグネシア
(ESR MAGNESIA)

イービーエス(EBS)
イービル(EVIL)
イエティサイクル(YETI CYCLES)
インジストバイシクルズ(INZIST BICYCLES)
インターマックススポーツ(INTERMAX SPORTS)
インテンス(INTENSE)
【ウ】
ヴァクセン(WACHSEN)
ヴァンニコラス(Van Nicholas)
ヴァンムーフ(VANMOOF)
ヴィットリア(Vittoria)
ウィリエール(WILIER)
ヴェラムサイクル(VELLUM CYCLES)
ヴェロミシュラン
(VELO MICHELIN

ヴォラージ(VOLAGI)
ウンベルト・デイ(Umberto Dei)
【エ】
エー・エヌ・デザイン・ワークス(A.N.DESIGN WORKS)
エアニマル(AIRNIMAL)
エイスインチ(EIGHTHINCH)
エイハーン・バイセクルズ(Ahearne Bicycles)
エヴァディオ(AVEDIO)
SEバイクス(SE-BIKES)
エディメルクス(EDDY MERCKX)
エヌエスバイクス(NS BIKES)
エミネンザ(EMINENZA)
エムビーケー(MBK)
エリート(ELITE)
エルスワース(ELLSWORTH)
エンペラー(EMPEROR)
エンメアッカ(EMME AKKA)
【オ】
オーサー(AUTHOR)
オーパス(OPUS)
オーヤマ(OYAMA)
オールシティ(ALL-CITY)
オッソ(OSSO)
オペララグジュアリー(OPERA LUXURY)
オリバイクス(ORI BIKES)
オルディナ(ORDINA)
オルベア(ORBEA)
【カ】
ガエルネ(GAERNE)
カザーティ(CASATI)
カスク(KASK)
カステリ(CASTELLI)
ガゼル(GAZELLE)
カラミータ(CALAMITA)
カルフィーデザイン(CALFEE DESIGN)
カレラ(CARRERA)
ガンウェル(GANWELL)
カンピオーネ(CAMPIONE)
【キ】
キクロス(KYKLOS)
ギザロ(GHISALLO)
キャデラック(CADILLAC)
キャニオン(CANYON)
キャノンデール(CANNONDALE)
キャリーミー(CARRYME)
キューブ(Cube)
九蔵(KYUZO)
キンフォーク(KINFOLK)
【ク】
クーパーバイクス(COOPERBIKES)
クインタナルー(QUINTANA ROO)
グエルチョッティ(GUERCIOTTI)
クオータ(KUOTA)
クライン(KLEIN)
グラファイトデザイン(GRAFHITE DESIGN)
クラフトワークス(CRAFTWORKS)
グランディール(GRANDIR)
グランボア(GRAND BOIS)
クリーンスピード(CLEANSPEED)
クリエイトバイクス(CREATE BIKES)
クレイジーシープ(CRAZY-SHEEP)
クロニック・デライト(CHRONIC DELIGHT)
クワハラ(KUWAHARA)
【ケ】
ケーツー(K2)
ケイ・エイチ・エス(KHS)
ゲイリーフィッシャー(GARY FISHER)
ケストレル(KESTREL)
ケルビム(CHERUBIM)
【コ
コーダーブルーム(KHODAABLOOM)
コーフー(KOOFU)
コーフー(KOOWHO)
コーブバイクス(COVE BIKES)
コールマン(COLEMAN)
コガ(KOGA)
コナ(KONA)
コバ(KOBA)
ゴミイタリア(GOMMITALIA)
コメンサル(COMMENCAL)
コラテック(CORRATEC)
コリマ(CORIMA)
コルナゴ(COLNAGO)
コロンバス(COLUMBUS)
【サ
サーベロ(CERVELO)
サーリー(SURLY)
サイクルスポット(CYCLE-SPOT)
サイクルワールド(CYCLE WORLD)
サイマ(cyma)
サルサ(SALSA)
サンタクルズ(SANTA CRUZ)
サンティーニ(Santini)
【シ
ジーアールキュー(GRQ)
シーケーティー(CKT)
ジーティー(GT)
シーポ(CEEPO)
ジェイミス(JAMIS)
ジオス(GIOS)
ジオバンナバイクス(GIOVANNA BIKES)
ジタン(GITANE)
シディ(SIDI)
シファック(CYFAC)
シボレー(CHEVROLET)
シマノ(SIMANO)
ジャイアント(GIANT)
ジャンゴ(JANGO)
シュウィン(SCHWINN)
ジョルダーナ(GIORDANA)
シルク(SILK)
シルバ(SILVA)
シンデルハウアー・バイクス(Schindelhauer Bikes)
【ス】
スカピン(SCAPiN)
スコット(SCOTT)
ズッロ(ZULLO)
スティーブンス(Stevens)
ストーク(STORCK)
ストライダ(STRIDA)
スポーツフル(sportful)
スペシャライズド(SPECIALIZED)
【セ】
セブンアローズ(SEVENARROWS)
セブンサイクルズ(SEVEN CYCLES)
セラ・イタリア(selle ITALIA)
セラ・SMP(SELLE SMP)
セラ・サンマルコ(SELLE san marco)
セラ・バッサーノ(SELLE BASSANO)
セラフ(SERAPH)
セルコフ(SELCOF)
セレブ(Selev)
ゼロアールエイチプラス(zerorh+)
センチュリオン(CENTURION)
【ソ】
ソーマファブリケーションズ(SOMA FABRICATIONS)
ソメク(SOMEC)
【タ】
ターナー(TURNER)
ターン(TERN)
タイム(TIME)
タイレル(TYRELL)
ダイアルドバイクス(DIALLED BIKES)
ダッコルディ(DACCORDI)
ダブルアール コンポジッティ(WR COMPOSITI)
ダボス(DAVOS)
ダホン(DAHON)
タンゲ(TANGE)
【チ】
チ・クワトロ(C4)
チタニア(TITANIA)
チネリ(CINELLI)
チポリーニ(CIPOLLINI)
チャージ(CHARGE)
チャンバワンバ(CHUMBA WUMBA)
【テ】
ディーエムティー(DMT)
ティーエヌアイ(TNI)
ディーン(DEAN)
ディテック(DITEC)
ディブラッシ(DI BLASI)
テシュナー(TESCHNER)
テスタッチ(TESTACH)
デダエレメンティ(DEDA ELEMENTI)
デダチャイ ストラーダ(DEDACCIAI STRADA)
テックイン(TECH IN)
デマルキ(DEMARCHI)
デモーショ(DEMONCHAUX)
デローザ(DE ROSA)
【ト】
トーキョーバイク(TOKYOBIKE)
ドゥカティ(DUCATI)
ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)
トニックファブリケーション(TONIC FABRICATION)
ドバッツ(DOBBAT'S)
トマジーニ(TOMMASINI)
トライゴン(TRIGON)
トランジションバイクス(TRANSITION BIKES)
トレック(TREK)
トンプソン(THOMPSON)
【ナ】
ナイナー(NINER)
ナカガワ(NAKAGAWA)
【ニ】
ニールプライド(NEILPRYDE)
ニコライ(NICOLAI)
ニューバランス(NEWBALANCE)
【ネ】
ネーヴィ(NEVI)
ネスト(NESTO)
【ノ】
ノースウェーブ(NORTHWAVE)
ノルコ(NORCO)
【ハ
ハープ(HARP)
パーリー(PARLEE)
バイオメガ(BIOMEGA)
バイオメガ×プーマバイク(BIOMEGA × PUMA BIKE)
パシフィックサイクルズ(PACIFIC CYCLES)
バッソ(BASSO)
パッソーニ(PASSONI)
パナソニック(PANASONIC)
バニラ(Vanilla)
ハマー(HUMMER)
ハローバイクス(HARO BIKES)
パンゲア(PANGEA)
【ヒ】
ビ-アント(B-ANT)
ビーエイチ(BH)
ビーエムシー(BMC)
ビーオール(BE-ALL)
ビーグロウ(B-GROW)
ビーディーワン(BD-1)
ビアンキ(BIANCHI)
ビゴーレ(VIGORE)
ピナレロ(PINARELLO)
【フ】
ブートレッグ(BOOTLEG)
ブードゥー(VOODOO)
ファイブリンクス(5LINKS)
ファウスト コッピ(FAUSTO COPPI)
フィアット(FIAT)
フィジーク(fi'zi:k)
フェアデール(FAIRDALE)
フェラーリ(FERRARI)
フェルト(FELT)
フォーイング(4ING)
フォーカス(FOCUS)
フォンドリエスト(FONDRIEST)
フジ(FUJI)
プジョー(PEUGIOT)
プフ(Puch)
ブラックマーケット(BLKMRKT)
ブリーザー(Breezer)
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
ブリヂストンモールトン(BRIDGESTONE MOULTON)
ブルーコンペティションサイクルズ(BLUE COMPETITION CYCLES)
ブルーノ(BRUNO)
フルクラム(FULCRUM)
ブレス(BLESS)
プログレッシブ(PROGRESSIVE)
プロジェクトエム(PROJECT M)
ブロディ(BRODIE)
プロロゴ(PROLOGO)
ブロンプトン(BROMPTON)
フンリキ(FUNRIKI)
【ヘ】
ペコ(PECO)
ペゴレッティ(PEGORETTI)
ペリッツォーリ(PELIZZOLI)
ヘルムズ(HELMS)
ベロビス(Velorbis)
ベロフレックス(VELOFLEX)
ベンタナ(VENTANA)
ペンナローラ(PENNAROLA)
【ホ】
ボードマン(Boardman)
ボーマ(BOMA)
ポイントツーフォースリーレーシング(.243 RACING)
ボッテキア(BOTTECCHIA)
ボネノワール(BONNET NOIR)
ボビン バイシクルズ(BOBINN BICYCLES)
ポルシェバイクス(PORSCHE BIKES)
ボルディ・コレクション(VOLDY・COLLECTION)
【マ】
マーリン(MERLIN)
マイパラス(MAIPARAS)
マジィ(MASI)
マリーン(MARIN)
マルイシ(MARUISI 丸石)
マングース(MONGOOSE)
マンハッタンバイク(MANHATTAN BIKE)
【ミ】
ミヤタ(MIYATA)
ミューラー(MULLER)
ミラーニ(MILANI)
【ム】
ムーツ(MOOTS)
ムセウ(MUSEEUW)
ムラーカ(MURACA)
【メ】
メット(MET)
メリダ(MERIDA)
メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)
【モ】
モーメンタム(momentum)
モールトンバイシクルズ(MOULTON BICYCLES)

モンタギュー(montague)
モンタナ(MONTANA)
モンティ(MONTY)
【ヤ】
ヤー(YEAH)
ヤマハ(YAMAHA)
【ユ】
ユニテ(UNITE)
【ラ
ライトウェイ(RITEWAY)
ライトサイクル(LIGHT CYCLE)
ライトスピード(LITE SPEED)
ライナス(LINUS)
ラス(LAS)
ラバネロ(RAVANELLO)
ラピエール(LAPIERRE)
ラプション(RUPTION)
ラレー(RAREIGH)
ランドローバー(LANDROVER)
ランボルギーニ(LAMBORGHINI)
【リ】
リーベンデール(RIVENDELL)
リッチー(RITCHEY)
リドレー(RIDLEY)
リビドーバイクカンパニー(LIBIDO BIKE CO.)
リブ/ジャイアント(LIV/GIANT)
リボルブ(REVOLVE)
リンスキー(LYNSKEY)
【ル】
ルイガノ(LOUISGARNEAU) 
ルック(LOOK)
ルディ プロジェクト(RUDY PROJECT)
ルノー(RENAULT)
【レ】
レイチェル(RAYCHELL)
【ロ】
ローバー(ROVER)
ロイヤルノートン(ROYAL NORTON)
ロウランド(RAWLAND)
ロッキーマウンテン(ROCKY MOUNTAIN)
【ワ】
ワイカ・ファン・ツー・トップ(WAICA FUN 2 TOP)
ワンエイティディグリー(180DEGREE)