haikei

【試乗!2018】ロードバイク評判/インプレ

gazou6 ジロ・デ・イタリア(Giro d'Italia)とは?-ロードバイク評判

⇒【試乗!2018】バイク辛口評判/インプレ【レビュー251件】

⇒【試乗!2018】現役ロードレーサー徹底インプレ【レビュー97件】

⇒【掘出し!】中古バイクの評判【レビュー85件】

【イタリア人によるイタリア人のためのレース】
国際化に伴い、自国の選手が活躍できなくなってしまったツールと異なり、ジロはあくまでも「イタリア人によるイタリア人のためのレース」だ。
これまでの92回の大会の内、イタリア人が勝ったのは65回で、勝率は71%にも及ぶ。これは、ツールにおけるフランス人の勝率38%、ブエルタにおけるスペイン人の勝率45%に大きく水をあけている。
そんなジロであるから、コースの特徴やそこで繰り広げられた名勝負、機材の特殊性について理解することは、とりもなおさずイタリアの文化を理解するということにつながる。
そこで、ここではいくつかのテーマに的を絞ってジロに関する理解を深めてみたい。

【世界最大のレースと世界最高のレース】
ジロ・デ・イタリアの山岳ステージは厳しい。ツール・ド・フランスの山岳ステージと比較すると、平均斜度が大きい峠が多いのだ。さらに、道は狭く未舗装路さえしばしば現れる。おまけに5月という開催時期により、天候が荒れると雪になることもあるのだ。そのあまりの厳しさから、イタリア人はよくこう言う。
「ツールが世界最大のレースなら、ジロは世界最高のレースさ」と。
ジロを象徴する峠は数多い。ステルヴィオ峠、ポルドイ峠、モンテボンドーネ、ゾソコラン・・・。すべて挙げていったらきりがないほどだ。そこで、ここではガヴィア峠とモルティローロ峠を取り上げ、そこで繰り広げられた名勝負を振り返ってみたい。
88年のガヴィア峠は吹雪となった。現在ならコース短縮の措置が取られるところだが、当時は通信手段もプアで、吹雪の情報が審判に伝えられるのが遅れて選手たちは峠に突入してしまった。凍える手でブレーキもかけられず、転倒する選手が続出。
ここで独走して総合優勝を決めたのが、アメリカ人のアンデイ・ハンプステンだった。チームカーにたまたまあったワセリンを脚にたっぷりと塗り、寒さをしのいだのである。
94年にはエフゲニー・ベルズィンが当時の最強選手ミゲール・インドウラインとモルティローロ峠で一騎打ちを繰り広げ総合優勝を決めた。厳しい傾斜に打ち勝った者だけがジロの勝者になれるのである。


【時代とともに小さくなるインナーギヤ】
1950年代まで、チェーンホイールのインナーギヤは46Tや45Tが当たり前だった。今では平地のタイムトライアルでしか使わないようなビッグギヤで、当時の選手たちは山岳を走っていたのである。そこには「プロ選手たるもの、この程度のギヤを踏めなくてどうする」というメンタリテイがあったようだ。
しかし、60年代にカンパニョーロがレコードクランクをリリ―スすると、最初は44T、続いて42Tが装着できるようになり、選手の負担はかなり軽減された。
80年代になると、シマノニアュラエースが39Tを装着可能にして、プロ選手から大きな支持を集めることとなる。それを横目でみていたカンパニョーロも、85年発表のCレコードで39Tの装着を可能にした。
2000年代には逆に、カンパニョーロがシマノよりも先にインナー34Tのコンパクトドライブを投入し、難関ステージで重宝されるようになった。



【イタリアを二分した対照的なスター選手】

【コッピ VS バルタリ】
バルタリは1935年にプロ入りすると、翌36年には早くもジロで総合優勝した。
37年にはジロ連覇、38年にはツール優勝と破竹の進撃を続けたが、忍び寄る戦争の影は選手活動の継続をままならぬものとし、バルタリのキャリアはいったん途切れることとなる。
大戦中、バルタリはファシズムを嫌い、レジスタンス運動に荷担するとともにナチスドイツに迫害されていたユダヤ人の逃亡を助けていた。
コッピはバルタリより5歳年下だ。40年に19歳でジロ総合優勝という衝撃のデビューを飾ったものの、バルタリと同じく第二次世界大戦でキャリアの中断を余儀なくされてしまう。
戦後はまさに「コッピ・バルタリ時代」となった。バルタリが46年のジロを制すると、コッピは47、49、51、52年のジロに勝ち、通算5勝を記録する。
この時代にイタリアはコッピアーノ(コッピ派)とバルタリアーノ(バルタリ派)に二分され、両派の盛り上がりは社会現象となる。
戦争に負け荒廃したイタリアにあって、彼らの活躍は国民の希望そのものだったのだ。
コッピとバルタリは対照的だった。享楽的なコッピに対して禁欲的なバルトリ、都会的なコッピに対して、農村的なバルトリというイメージだったのだ。そのためか、都市部ではコッピアーノが、農村部ではバルタリアーノが多かった。



【サロンニ VS モゼール】
1977年、サロンニは19歳の若さでプロデビューした。そして79年のジロにおいて、モゼールから第8ステージでマリアローザを奪うと、最後までそれを守り通して初優勝を飾ったのである。83年にも同じように優勝する。一方、パリ~ルーベなどのワンデーレースで圧倒的な強さを誇るモゼールだったが、ステージレースはあまり得意としていなかった。厳しい山岳ステージで失速することが多かったからだ。もちろん、サロンニの存在も大きかった。意外なことに、モゼールがジロを制したのはフィニョンとの死闘を演じた84年だけだった。

【メルクス VS ジモンディ】
イタリアで最も自転車選手の多いベルガモ出身のジモンディは、65年にプロデビューするといきなリジロで3位となり、続くツールでは総合優勝する。しかし、当時は「カンニバル(人食い)」の異名を取る史上最強の選手、メルクスの全盛期だった。豊かな才能をもったジモンディだったが、その前にメルクスが立ちはだかり、多くの勝利を阻まれたのだった。ジモンディはジロに67、69、76年と3回勝っているが、もしメルクス(ジロは68、70、72、73、74年に勝利)がいなかったら、その数がさらに増えていたのは間違いない。

【ブーニョ VS キャプーチ】
メルクスの活躍の影でジモンディが多くの勝利を阻まれたように、あるいはアームストロングのためにウルリッヒが可度も涙を飲んだように、ブーニョとキャプーチは常にインドウラインに勝利を阻まれてきた。ブーニョは90年のジロを制しているものの、キャプーチに至ってはグランツールでの勝利を達成することはできなかった。まさに「万年2位」という言葉はキャプーチのためにあるといっても過言ではない。なのに、この2人が我々の記憶に残っているのは何故だろうか? 言うまでもない、センプレ・アタンコ(常に攻撃する)に徹した走りを見せてくれたからである。
  
このブランドは、上記以外も魅力的なモデルを沢山製造しています。カタログでは分からない実際に購入したユーザのクチコミ評判やインプレ、生の声は以下をご覧ください。

gazou6 最新2018 ロードバイク評判/インプレ掲載中
 
  

   ⇒ ちょっと訳あり?自転車はこちら...。


mark ロードバイク評判/インプレ

ロードバイクをネットで買う裏ワザ
ジロ・デ・イタリアとは?

【ア】
アーバン・アロー(Urban Arrow)
アイデンティティ(IDENTITI)
アイビス(IBIS)
アイアンホース(IRON HORSE)
アウディ(Audi)
アウトウェット(OUTWET)
アサヒ(ASAHI)
アタラ(ATARA)
アビオス(ABIOS)
アビチ(ABICHI)
アベニュー(AVENUE)
アマンダ(AMANDA)
アラヤ(ARAYA)
アラン(ALAN)
アラン(ARUN)
アルゴン18(ARGON18)
アルファロメオ(ALFAROMEO)
アレックス モールトン
(ALEX MOULTON)

アメリカンイーグル
(AショックMERICAN EAGLE)

アンオーソライズド(UN AUTHORIZED)
アンカライト(ANCHORITE)
アンカー(ANCHOR)
【イ】
イーエスアール マグネシア
(ESR MAGNESIA)

イービーエス(EBS)
イービル(EVIL)
イエティサイクル(YETI CYCLES)
インジストバイシクルズ(INZIST BICYCLES)
インターマックススポーツ(INTERMAX SPORTS)
インテンス(INTENSE)
【ウ】
ヴァクセン(WACHSEN)
ヴァンニコラス(Van Nicholas)
ヴァンムーフ(VANMOOF)
ヴィットリア(Vittoria)
ウィリエール(WILIER)
ヴェラムサイクル(VELLUM CYCLES)
ヴェロミシュラン
(VELO MICHELIN

ヴォラージ(VOLAGI)
ウンベルト・デイ(Umberto Dei)
【エ】
エー・エヌ・デザイン・ワークス(A.N.DESIGN WORKS)
エアニマル(AIRNIMAL)
エイスインチ(EIGHTHINCH)
エイハーン・バイセクルズ(Ahearne Bicycles)
エヴァディオ(AVEDIO)
SEバイクス(SE-BIKES)
エディメルクス(EDDY MERCKX)
エヌエスバイクス(NS BIKES)
エミネンザ(EMINENZA)
エムビーケー(MBK)
エリート(ELITE)
エルスワース(ELLSWORTH)
エンペラー(EMPEROR)
エンメアッカ(EMME AKKA)
【オ】
オーサー(AUTHOR)
オーパス(OPUS)
オーヤマ(OYAMA)
オールシティ(ALL-CITY)
オッソ(OSSO)
オペララグジュアリー(OPERA LUXURY)
オリバイクス(ORI BIKES)
オルディナ(ORDINA)
オルベア(ORBEA)
【カ】
ガエルネ(GAERNE)
カザーティ(CASATI)
カスク(KASK)
カステリ(CASTELLI)
ガゼル(GAZELLE)
カラミータ(CALAMITA)
カルフィーデザイン(CALFEE DESIGN)
カレラ(CARRERA)
ガンウェル(GANWELL)
カンピオーネ(CAMPIONE)
【キ】
キクロス(KYKLOS)
ギザロ(GHISALLO)
キャデラック(CADILLAC)
キャニオン(CANYON)
キャノンデール(CANNONDALE)
キャリーミー(CARRYME)
キューブ(Cube)
九蔵(KYUZO)
キンフォーク(KINFOLK)
【ク】
クーパーバイクス(COOPERBIKES)
クインタナルー(QUINTANA ROO)
グエルチョッティ(GUERCIOTTI)
クオータ(KUOTA)
クライン(KLEIN)
グラファイトデザイン(GRAFHITE DESIGN)
クラフトワークス(CRAFTWORKS)
グランディール(GRANDIR)
グランボア(GRAND BOIS)
クリーンスピード(CLEANSPEED)
クリエイトバイクス(CREATE BIKES)
クレイジーシープ(CRAZY-SHEEP)
クロニック・デライト(CHRONIC DELIGHT)
クワハラ(KUWAHARA)
【ケ】
ケーツー(K2)
ケイ・エイチ・エス(KHS)
ゲイリーフィッシャー(GARY FISHER)
ケストレル(KESTREL)
ケルビム(CHERUBIM)
【コ
コーダーブルーム(KHODAABLOOM)
コーフー(KOOFU)
コーフー(KOOWHO)
コーブバイクス(COVE BIKES)
コールマン(COLEMAN)
コガ(KOGA)
コナ(KONA)
コバ(KOBA)
ゴミイタリア(GOMMITALIA)
コメンサル(COMMENCAL)
コラテック(CORRATEC)
コリマ(CORIMA)
コルナゴ(COLNAGO)
コロンバス(COLUMBUS)
【サ
サーベロ(CERVELO)
サーリー(SURLY)
サイクルスポット(CYCLE-SPOT)
サイクルワールド(CYCLE WORLD)
サイマ(cyma)
サルサ(SALSA)
サンタクルズ(SANTA CRUZ)
サンティーニ(Santini)
【シ
ジーアールキュー(GRQ)
シーケーティー(CKT)
ジーティー(GT)
シーポ(CEEPO)
ジェイミス(JAMIS)
ジオス(GIOS)
ジオバンナバイクス(GIOVANNA BIKES)
ジタン(GITANE)
シディ(SIDI)
シファック(CYFAC)
シボレー(CHEVROLET)
シマノ(SIMANO)
ジャイアント(GIANT)
ジャンゴ(JANGO)
シュウィン(SCHWINN)
ジョルダーナ(GIORDANA)
シルク(SILK)
シルバ(SILVA)
シンデルハウアー・バイクス(Schindelhauer Bikes)
【ス】
スカピン(SCAPiN)
スコット(SCOTT)
ズッロ(ZULLO)
スティーブンス(Stevens)
ストーク(STORCK)
ストライダ(STRIDA)
スポーツフル(sportful)
スペシャライズド(SPECIALIZED)
【セ】
セブンアローズ(SEVENARROWS)
セブンサイクルズ(SEVEN CYCLES)
セラ・イタリア(selle ITALIA)
セラ・SMP(SELLE SMP)
セラ・サンマルコ(SELLE san marco)
セラ・バッサーノ(SELLE BASSANO)
セラフ(SERAPH)
セルコフ(SELCOF)
セレブ(Selev)
ゼロアールエイチプラス(zerorh+)
センチュリオン(CENTURION)
【ソ】
ソーマファブリケーションズ(SOMA FABRICATIONS)
ソメク(SOMEC)
【タ】
ターナー(TURNER)
ターン(TERN)
タイム(TIME)
タイレル(TYRELL)
ダイアルドバイクス(DIALLED BIKES)
ダッコルディ(DACCORDI)
ダブルアール コンポジッティ(WR COMPOSITI)
ダボス(DAVOS)
ダホン(DAHON)
タンゲ(TANGE)
【チ】
チ・クワトロ(C4)
チタニア(TITANIA)
チネリ(CINELLI)
チポリーニ(CIPOLLINI)
チャージ(CHARGE)
チャンバワンバ(CHUMBA WUMBA)
【テ】
ディーエムティー(DMT)
ティーエヌアイ(TNI)
ディーン(DEAN)
ディテック(DITEC)
ディブラッシ(DI BLASI)
テシュナー(TESCHNER)
テスタッチ(TESTACH)
デダエレメンティ(DEDA ELEMENTI)
デダチャイ ストラーダ(DEDACCIAI STRADA)
テックイン(TECH IN)
デマルキ(DEMARCHI)
デモーショ(DEMONCHAUX)
デローザ(DE ROSA)
【ト】
トーキョーバイク(TOKYOBIKE)
ドゥカティ(DUCATI)
ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)
トニックファブリケーション(TONIC FABRICATION)
ドバッツ(DOBBAT'S)
トマジーニ(TOMMASINI)
トライゴン(TRIGON)
トランジションバイクス(TRANSITION BIKES)
トレック(TREK)
トンプソン(THOMPSON)
【ナ】
ナイナー(NINER)
ナカガワ(NAKAGAWA)
【ニ】
ニールプライド(NEILPRYDE)
ニコライ(NICOLAI)
ニューバランス(NEWBALANCE)
【ネ】
ネーヴィ(NEVI)
ネスト(NESTO)
【ノ】
ノースウェーブ(NORTHWAVE)
ノルコ(NORCO)
【ハ
ハープ(HARP)
パーリー(PARLEE)
バイオメガ(BIOMEGA)
バイオメガ×プーマバイク(BIOMEGA × PUMA BIKE)
パシフィックサイクルズ(PACIFIC CYCLES)
バッソ(BASSO)
パッソーニ(PASSONI)
パナソニック(PANASONIC)
バニラ(Vanilla)
ハマー(HUMMER)
ハローバイクス(HARO BIKES)
パンゲア(PANGEA)
【ヒ】
ビ-アント(B-ANT)
ビーエイチ(BH)
ビーエムシー(BMC)
ビーオール(BE-ALL)
ビーグロウ(B-GROW)
ビーディーワン(BD-1)
ビアンキ(BIANCHI)
ビゴーレ(VIGORE)
ピナレロ(PINARELLO)
【フ】
ブートレッグ(BOOTLEG)
ブードゥー(VOODOO)
ファイブリンクス(5LINKS)
ファウスト コッピ(FAUSTO COPPI)
フィアット(FIAT)
フィジーク(fi'zi:k)
フェアデール(FAIRDALE)
フェラーリ(FERRARI)
フェルト(FELT)
フォーイング(4ING)
フォーカス(FOCUS)
フォンドリエスト(FONDRIEST)
フジ(FUJI)
プジョー(PEUGIOT)
プフ(Puch)
ブラックマーケット(BLKMRKT)
ブリーザー(Breezer)
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
ブリヂストンモールトン(BRIDGESTONE MOULTON)
ブルーコンペティションサイクルズ(BLUE COMPETITION CYCLES)
ブルーノ(BRUNO)
フルクラム(FULCRUM)
ブレス(BLESS)
プログレッシブ(PROGRESSIVE)
プロジェクトエム(PROJECT M)
ブロディ(BRODIE)
プロロゴ(PROLOGO)
ブロンプトン(BROMPTON)
フンリキ(FUNRIKI)
【ヘ】
ペコ(PECO)
ペゴレッティ(PEGORETTI)
ペリッツォーリ(PELIZZOLI)
ヘルムズ(HELMS)
ベロビス(Velorbis)
ベロフレックス(VELOFLEX)
ベンタナ(VENTANA)
ペンナローラ(PENNAROLA)
【ホ】
ボードマン(Boardman)
ボーマ(BOMA)
ポイントツーフォースリーレーシング(.243 RACING)
ボッテキア(BOTTECCHIA)
ボネノワール(BONNET NOIR)
ボビン バイシクルズ(BOBINN BICYCLES)
ポルシェバイクス(PORSCHE BIKES)
ボルディ・コレクション(VOLDY・COLLECTION)
【マ】
マーリン(MERLIN)
マイパラス(MAIPARAS)
マジィ(MASI)
マリーン(MARIN)
マルイシ(MARUISI 丸石)
マングース(MONGOOSE)
マンハッタンバイク(MANHATTAN BIKE)
【ミ】
ミヤタ(MIYATA)
ミューラー(MULLER)
ミラーニ(MILANI)
【ム】
ムーツ(MOOTS)
ムセウ(MUSEEUW)
ムラーカ(MURACA)
【メ】
メット(MET)
メリダ(MERIDA)
メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)
【モ】
モーメンタム(momentum)
モールトンバイシクルズ(MOULTON BICYCLES)

モンタギュー(montague)
モンタナ(MONTANA)
モンティ(MONTY)
【ヤ】
ヤー(YEAH)
ヤマハ(YAMAHA)
【ユ】
ユニテ(UNITE)
【ラ
ライトウェイ(RITEWAY)
ライトサイクル(LIGHT CYCLE)
ライトスピード(LITE SPEED)
ライナス(LINUS)
ラス(LAS)
ラバネロ(RAVANELLO)
ラピエール(LAPIERRE)
ラプション(RUPTION)
ラレー(RAREIGH)
ランドローバー(LANDROVER)
ランボルギーニ(LAMBORGHINI)
【リ】
リーベンデール(RIVENDELL)
リッチー(RITCHEY)
リドレー(RIDLEY)
リビドーバイクカンパニー(LIBIDO BIKE CO.)
リブ/ジャイアント(LIV/GIANT)
リボルブ(REVOLVE)
リンスキー(LYNSKEY)
【ル】
ルイガノ(LOUISGARNEAU) 
ルック(LOOK)
ルディ プロジェクト(RUDY PROJECT)
ルノー(RENAULT)
【レ】
レイチェル(RAYCHELL)
【ロ】
ローバー(ROVER)
ロイヤルノートン(ROYAL NORTON)
ロウランド(RAWLAND)
ロッキーマウンテン(ROCKY MOUNTAIN)
【ワ】
ワイカ・ファン・ツー・トップ(WAICA FUN 2 TOP)
ワンエイティディグリー(180DEGREE)